私の過去80万貯めた方法

以前、月収10万以下で 約2年かけて80万貯めたことがありました。 当時の私のところでの最低賃金は、630円でした。

まだガラケー時代だったし、扶養に入ってたのもあったけど毎日使える額を決めて食費 お弁当代を抑えてました。
飲み物は、家から持って行くことしたり、毎日おにぎりにしたりしてました。最近では、糖質オフごはんに興味あるので豆腐のおかず納豆などたんぱく質を取り入れたり肉や、魚も食べます。
つもり貯金もしてました。

カフェに行ったつもりで端数や500貯金したり、小銭貯金で集めたものを足りないときに出したり。 給料入ったら、袋分けしたりしてました。
節約中も、無理なく続けれるようにゲーム感覚にしたりして約2年かけて80万貯金達成しました。

達成したけれど、生活費に消えてしまいました。

最近では、メルカリのフリマアプリを利用したりして断捨離して売ったり、ハンドメイドで売ったり、ブックオフでも断捨離したりして 小銭稼ぎしたりしました。

単発のバイトをしたりして家計を助けたりしたこともあります。
節約や、貯金は 目標決めて楽しく ゆるーく続けていくのがコツだと思います。

20190505.jpg

長続きのする節約術を解説

貯金を貯めて旅行に行きたい、または毎月使い過ぎてしまうので計画的にお金を管理したいという人には、長続きする節約をおすすめします。

無理をして過度な節約をすると、結局ストレスが溜まって散財してしまったり健康を害してしまいます。
無理のない節約とは、ほんの少しの我慢で済んだり工夫次第で楽しめるものです。

例えば夏場や冬場はエアコン代が高くなるので、ショッピングモールや公共施設などで過ごすのがおススメです。
その間は家のエアコンをオフにできるので、電気代が節約できます。

スーパーで惣菜を買うときは夕方が一番お得です。割引率が上がるので安く購入できるでしょう。
また、その合間にクラウドソーシングなど在宅でできる仕事をしてみましょう。少しずつでも毎日続ければお金は貯まってゆきます。

あとは、500円玉貯金も良いでしょう。目に見える形で貯まってゆくので、モチベーションが保ちやすいです。

これらを参考に、ぜひ自分なりの節約術を見出してみてはいかがでしょうか。

20190315.jpg

毎日少しずつの節約術

節約術として、わたしが大々的にしていることは特にありません。 ただ、意外と日々節約になっているなあと感じることがあります。

まずは、節水を売りにしているシャワーヘッドを使うことです。
家族4人、寒い時期などは特に浴槽にお湯をためたり、こまめにシャワーを止めなかったりしていました。そこで、シャワーヘッドを交換して、普段通りの使い方をしつつも節水できるようにしてみたのです。

結果は、年間約10000円の節約になりました。

他に節約になっているのは、クレジットカードを効果的に使うことです。転勤族のため、住む場所によっては飛行機に乗る機会が多いことがありました。

その時はマイルがたまるタイプのカードを中心に使います。航空券は高額ですので、ちりつもでたまっていったマイルで購入できるのは大きな節約になっています。

家族分も割引料金で購入できるなど、世帯持ちにはより得点が大きいと思います。

読書が好きな方は書店関係のクレジットカードを、また通勤でガソリン代がかさむ方はそれに有利なものを、など生活スタイルに合わせてカード選びをするときっと上手くいきます。
これからも、「気づいたら節約」で過ごしていきます。

毎日少しずつの節約術

双子のシンクロが見ていて可愛くて面白い

友達の子供が双子です。先日、友達の家へ遊びに行くと双子の女の子が私を迎えてくれたのです。 一卵性双生児なので、一目だけでは全く区別がつかないです。

ちょうど双子の女の子達は3歳になったころで、会話もできるようになっており、好奇心旺盛です。
私は彼女達が生まれてすぐの頃に一度会ってはいますが、もちろん双子の彼女達は私のことを覚えてるはずもなく、初対面みたいなものです。

興味津々に私に話しかけてくれるのですが、笑う時も、何かを話す時も、全てが同じなので、見ていてすごく可愛いのと面白くてしかたないです。

驚く時でさえ、タイミングといい、驚いた時に発する言葉が全く一緒なので、私は笑ってしまいます。
トイレに行く時も同じタイミングですから、一卵性双生児の凄さを見た気がします。遺伝子が同じで育つ環境が同じだとここまで似るのかと思うと面白くてしかたないです。

2人の会話を聞いてると、双子独特の会話内容なので、普通の人とは何か違う空間が二人の中に存在しています。

また、友達の許しを得れれば、この双子と一緒に遊びたいです。

20181229.jpg
ネット生活ライフ空間画像

いろいろなことがあった去年でした。欲しいと思っても手に入らないものはあり、ましてや人がありきのことなら生活していれば尚更だと今更思いました。 諦めたり、やめたほうがいいと自分に言い聞かせたりいろいろ考えます。欲しい物を手に入れることだけが幸せだとは思いません。 その時は強烈にほしいと思っても冷静になってみるとやめたほうがよかったなんてこともあります。インターネット通販やヤフーオークションの出品落札でたまにしますが。 一時の感情やその場の空間に動かされているということもあります。それでも後悔しても失敗だとしてもやってみなきゃわからないことはありました。 どしても失敗できないこともありますが、失敗から学ぶこともありますしだめだと決めつけてしまうのも悲しいことであると思います。 未来は誰にもわからず、いい意味でも悪い意味でも予想外の出来事はあります。だからこそ面白いのかも知れません。 とりあえずでもいいからやってみたいのならやってみようと思いました。完璧などを求めていたらいつになるのかはわからないし、そんなライフは来ないかも知れません。 だからこそやりたいこと、ほしいものにはどんどん手を伸ばしてみたいと思うようになりました。 あまり考えこまないで気軽な気持ちで前に進んでいきたいです。結果は後からついてくると思いました。