被災地の現実描く-森川ジョージ「はじめの一歩」作者

「はじめの一歩」の作者・森川ジョージ先生が東日本大震災を題材に、22年ぶりの新連載「会いにいくよ」が始まるそうです。

「会いにいくよ」は震災2週間後の宮城県・石巻でボランティア活動を行った、絵本作家・のぶみ先生のエッセイマンガ「上を向いて歩こう!」が原作で、のぶみが体験した被災地での過酷な現実を、森川ジョージ先生がマンガにしていくそうです。

絵本作家・のぶみ先生の「上を向いて歩こう!」は存じ上げませんでしたが、レビューを見るとかなり感動する作品なようで。
大人になるとなかなか絵本を読んだりしなくなるので、こういったマンガという形で読めるのもいいかなと思います。

掲載雑誌は、週刊少年マガジン(講談社)。全5話で、「はじめの一歩」と同時連載されるようです。

関連記事
Advertisement

よろしければ応援して下さい(^v^)

PINGOO!カテゴリ日記 ブログランキング・にほんブログ村へ fc2 people